主婦が在宅で稼ぎたい|在宅介護と育児をしながら転職癖夫を養う

主婦が在宅で稼ぎたい|在宅介護と育児をしながら転職癖夫を養う

★最新記事は下記をクリックするだけです★

よく読まれている人気記事はコチラ(*´ω`*)

 

 

 

クラウドワークスランサーズでお仕事を探す時に、タスク記事や記事作成じゃなく『サイト作成』に挑戦したいわって方からご連絡がありました。

 

外注の仕事が立て込んでいてなかなかブログを更新できなかったので、手っ取り早く動画を作成しました。

 

 

意外とみんな知らないタスク記事の秘密を教えちゃいます


 

タスク記事というのは、1件ごとに報酬がいただけるお仕事のことです。
例えば下記のように、病院に関する口コミをご入力&ご執筆いただくケースが多いです。
作業単価は、200円/1記事(税、手数料込)になってますが、額についてはピンきり。

 

 

で、ですね。
初心者主婦の場合(私が初心者の時に思ったことは)
↓↓↓

 

 

 

どうしてタスク記事ってお金にならないの?単価安過ぎる~
時間ばっかりかかるし、損した気分になる!
もうタスクはやらないでおこう。


 

 

私が登録して実際にお仕事をいただいた会社は、

 

クラウドワークス

 

ランサーズ

 

 

この2社です。他にも複数登録をして何度かやり取りをしたことはありますが、結果的に絞らさせていただいた結果、この2社を数か月使わせていただきました。

 

 

私は現段階、収益の割合でいえば

 

50%専属ライター
50%お悩み系アフィリエイト(アドセンス含み)

 

 

その月によって多少のバラつきがあるけど、だいたいこのような感じ…という流れが定着してきています。

 

インターネットとパソコンを駆使して在宅で稼ぐという方法で私は月収およそ8万円稼いでます。

 

なぜ、8万円なのか?

 

それは、ただ単に8万円以上稼げるような仕組みを作っていないということと、8万円以上稼いでしまうと、扶養の問題や長女の福祉施設等の利用負担の問題も絡んでくるからです。

 

万が一、私が月収100万円を平気で稼げるくらいにまでスーパーアフィリエイターになってしまえば、お金の苦労なんて全くなくなるだろう(予想)ということで、扶養がどうのこうの、福祉施設やヘルパーがどうのこうのなんて問題とはオサラバできるのかもしれません。

 

しかし、やはり、現在の私の状況として、月収8万円をコンスタントに稼げるようになるまでの独学自己流方法を得ることができたということは、自分で自分を褒めたくなってしまいます。

 

あなたは、もしかしたらブログやメルマガ、TwitterやFacebookなどでこんなことを言ったことはないでしょうか?

 

 

ほとんど稼げたことがないのに、
「〇〇万円稼げました」
って言ったこと、ありますか??

 

 

私の夫は。。。

 

日給6,000円、週6日働くと月14万円の稼ぎ。
この14万円で一家5人が生活しなければいけません。
(現在の住まいは中古物件を購入:月々の返済が5万円)

 

夫が会社を1日休むと14万円からマイナス6万円引かれた金額・・・これが給料になります。

 

ですから、お正月やGW、お盆なんかはとんでもない金欠に悩まされるのです。

 

 

そんな夫が、先日まさかの盲腸(虫垂炎)になってしまいました。
そして、発見したその日に緊急オペ!!!

 

 

正直、夫の身体も心配でしたが、それ以上に
夫が会社を休むことによる金銭的ダメージのことで頭がいっぱいになる私。

 

わかりますよ、きっとあなたは私のことを「嫁として失格じゃないか!」と憤慨していることでしょうね…。

 

しかし、大パニックの私の頭の中では電卓が鳴り響いて止みませんでした。

 

 

 

あなたには、メンターがいますか?

 

私には今まで数名のメンターがいました。
歴代のメンターたちを今日は紹介したいと思います。


 

 

メンターとは?

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。(引用:コトバンク)

 

なぜメンターの話をするのか?

一流の人にはメンターが必ずいるとよく言われtますが、一流の人だけがメンターを必要としてるわけではないと私は考えました。

 

私のような普通の主婦にだってメンターは居ていいですよね。

 

 

特にネットビジネスを行っている主婦には、なによりもまずメンターが必要であると声を大にして言いたいです。

 

では、どうやって見つければいいのでしょうか?
私が実際に行ってきたメンターとの出逢いを今日は書いていきたいと思います。

 

ステップメールとは前回の記事で書きました。
「まだ読んでないわ」「なんだったっけ?」って思う人はコチラに書いてあるのでどうぞよろしくお願いします。

 

今回はステップメールの本当の目的を考えていきましょう。